スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPUの進化とDTM

新環境になってから初めて新しい曲を書き始めました

これまでは旧環境で書いた曲のミックス手直しとか作りかけの続きとかで、あんまり新PCのマシンパワーの
恩恵を感じることがなかったんですよね。

新しく作り始めて気がついたんですが、NIのMassiveがいくらでも挿せるんですよね。
初めてMassiveを触ったときは重くて仕方なくて、1プロジェクトファイルにせいぜい1つが限界だったのに、
気がついたら4つ挿してさらにOmnisphereとかKontakt挿して、それでも涼しい顔をしているASIOメーター。
多分Massiveもバージョンアップで初期より軽くなってるんでしょうけどね。

この環境なら今まで苦手意識があったMassiveの音色エディットも勉強できそうです。
今までギリギリベンチ入りしてたのが一気にスタメンに昇格しそうです。
エフェクターも割と気兼ねなく投入できるので、モジュレーション系で色々遊べますし。

今の環境の懸案材料だったHTT、C1E、EISTのON/OFFも、これなら全部ONのままでいけそうです。
これで待機中は省電力、動画エンコードみたいなフルロード時はHTT ONでゴリ押しがきく。
HTTは特に気になっていたので万々歳。

DAWもマシンパワー食う処理の塊とは言え、リアルタイム処理で音を出力しないといけないから、
並列スレッドを増やして同時計算して、後で合算するHTTとは相性があんまり良くないんですよね。
(並列スレッドに命令を分割して割り振ったり、後で合算する時の時間、所謂オーバーヘッドタイムがあるため)
Steinberg公式でもCore i7のHTTは切ってくれって言ってますし。

ただ、HTTの影響なのか他の影響なのかわかりませんが、ASIOメーターがたまに10%ほど跳ねることが
あるんですよね。デジタル系音楽ならいいけどフルオケとかの大編成環境になると、省電力系機能やHTTは
切った方が無難なんだろうなーと、人事のように考えながら見てます。実際俺そんな大編成の曲作れないし。
(Muzieに上げてるKaguyaも、オケは結構な編成に聞こえますが、4チャンネル程度しか使ってないです。)

まぁCPUだけで見ても、クロック数は前の1.4倍になってるし、Sandy Bridgeになった時に色々見直しがされて、
Sandy前後でクロック辺りの処理効率が2倍近くになったと聞いてますし、PCの処理速度は格段に上がった時代
なんだなぁと、改めて思いました。

そして同時に、PowercoreやUADみたいなDSP装置はもう大きなドングルでしかないんだなと寂しくなりました。
10年ぐらい前に入れた時は「高品質リバーブがCPU負荷なしで使える!」と感動したんですが…
(当時はPentium4が載っかったマシンでした)
今だとむしろDSPのターンアラウンドタイムが原因で足かせになっているよなぁこれ。
スポンサーサイト

ここがあの女のハウスね

CDの音量やミックスバランスをチェックしながらコリコリとジャケットを作るのに疲れて、
某画像掲示板をぼんやり眺めていたらアニメのホワイトアルバムの話をしてるスレを見つけて、

「そういやうちに確かPC版のOPED曲のCDどっかにあったような?」
そう思って普段は触らない棚に入れっぱなしにしている古いCD郡をゴソゴソと漁ってみました。

WAシングル
出てきちゃった。今はもう絶滅した8cmCDシングル盤だよ…
さすがにジャケットは日に焼けて茶色くなってましたが、中身は問題なさそうなので取り込んでおこうとPCへ。
最近のドライブって8cmディスク用の溝あるんだろうかと不安に…ドライブあけたらちゃんとありました。

とりあえずiTunesに取り込もうとCDを入れてみたらCD-EX領域が!?知らなかった…
中身はなんてことない、メインヒロイン二人のプロフィールとPC版のOP動画、店頭ムービーにジャケットの画像。
…すいません、これ動画古すぎるせいかどのプレイヤーでも見れないんですけど。

ジャケットを裏返したら98年発売の表記…ちょっと待てそんなに前だったか!?
取り込み終わって再生が始まったWHITE ALBUMを聞きながら呆然としてました。
確かコレ当時はセガカラにしか入ってなかったなぁとか、今は入ってるけどアニメ版声優名義だよなぁとか。
まぁアニメ版見てないから声優が誰なのか知らないんですけどね。

時の流れって色々と残酷ね。

CD作成中

前々からせこせこと曲を作りためてCD作成の用意をしていました。

とりあえず楽曲は一通り揃いました。11曲73分弱。すり切りいっぱい詰め込んでみました。
マスタリングも一応済ませて、ジャケットのほうも7割方作成が終わってる段階です。
秋M3どころか夏コミ合わせでもまだ余裕あるぞ俺。

まぁここから曲を入れ替えたりミックスバランスを調整しなおしたりが入るかもしれないので、
ジャケットをとりあえず完成させて自分で何度も聞いて、納得できるとこまで煮詰めるつもりです。
いつも詰めが甘いのでこれぐらいやってもまだ足りないでしょうけどね。

一応もう1枚秋M3用に作るプランもあるので、そっち用の曲を作りつつ、Muzieにも曲を上げたりしたいとこです。
イベント直前に慌てて作っても俺の場合質が落ちるだけですし。日々精進あるのみ。
とは言え、マスタリングはさすがにフリーソフト混じりの環境じゃ限界が見えてきたなぁと思ったりもしてます。
質のいいマキシマイザーが欲しい。あと最近マイブームのサチュレータもいくつか欲しい。
マキシマイザーは前からずっとどうしようか迷っているんですよね。
wavesのL316が定番だけどFabFilterのPro-Lも結構評判いいんですよね。どっちも今よりは格段に良くなるし。
どっちかでもいいんでサマーセールでお安くしてくれないかしらホント。

後は量産の手配やショップ委託の手配の方も考えておかないと…なんだかんだやること結構あるじゃねぇか!!
のんびりゲームやる時間はないようです(地球防衛軍4を断腸の思いで予約キャンセルしながら)

* 地球防衛軍シリーズのヘビーユーザーです。はい。XBOX360もEDF3のために買ったぐらいド嵌りしてました。

CubaseはNINTENDO64の夢を見るのか

今まではPC環境の関係上、特に意識していなかったんですが、そろそろDTM環境を64bitに移行することを
考え始めました。

旧環境は64bitOSとは言え、メモリが8GBだったので、32bit版のCubaseを使っていたんですよね。
32bitアプリは64bitOS上だと4GBまでしかメモリが確保できないんですが、旧環境だったら別にそれはそれで、
DAWに4GB、バックグラウンドで動いているOSに4GB(ReWireでReasonを使うと多少減りますが)でいいよって。

しかし先日新環境に移行して、無駄に32GBも積んだので(未だに少し後悔してる)、DAWにもっとメモリ使っても
いいんじゃないかなって思って、64bit版Cubaseを使うに当たっての問題点を洗い出してみました。

1:32bit ReWireが使えなくなる(うちの場合ReasonがVer3なのでReWireで使えなくなる)
2:Cubaseの64bit版がまだこなれて来ていると言い辛い
3:32bit版で開発終了、または開発停止しているサードパーティ製プラグインが多数ある
4:32bit版Cubaseで作ったプロジェクトファイルを64bit版で開けるかわからない

こんなとこですかね。
DTMをやっている人で32bitから64bitに乗り換えをためらう理由としても、1と3で問題を抱えている人が
多いと思います。
(特にボーカロイドを使って歌物を作ってる人にとって1は結構クリティカルな問題じゃないかと)

対処法もいろいろと考えているんですが、1に関しては、うちはReasonのVerを上げてしまえば問題なくなるし、
3もjBridgeを使えば解決可能と、一般的に言われている64bit問題は十分解決可能なんですよね。
(Reasonのアップグレード料どうしようって個人的な問題はありますが)

ただ、厄介なのが2と4なんですよね。Cubase自身の問題なので、ユーザー側ではどうしようもない。
4に関しては「環境を両方用意して試してみれば?」とは思うんですが、2はホントどうしようもない。

というのも、友人に同じくCubase使いで、以前64bit版で環境構築して使っていた奴がいるんですが、
Cubaseの付属プラグインがどうも32bit版っぽくてブリッジ経由で動いているらしく、たまに誤作動するとか。
(実際その友人は付属プラグインの誤作動でプロジェクトファイルがいくつか破壊されたそうです)

ってなわけで、近いうちに環境としては用意しようと考えているものの、実用性を考えるとどうなのかな?
まぁ不具合出たら出たでプロジェクトファイルを苦情とセットでYAMAHAに投げるだけですが。
当面の準備は、64bit版が出てるプラグインを探していつでも入れられるようにしておくぐらいですかね。

しかしCubaseもVer7で64bit問題とは別のところで大量に不具合を抱え込んだみたいなのでどうなることやら。
セールでStudio Oneのクロスグレード版が安く出るたびに乗り換えようか悩む現状。
VSTの総本山だからって左団扇で商売できると思わないで下さいよStein&YAMAHA。特にYAMAHA。

新しい翼 Core i7 3770k

R4 rev1 spec

組み立てやセットアップで少しトラブルもありましたが、無事新マシンへの環境移行が終わりました。
自作PC事情に詳しい人が見ると「あ、微妙にケチ臭い」って言われそうな構成です。
Z77チップセットですけど、いわゆる廉価版Z77マザーって奴ですね。(ハイコスパ版と言えば聞こえはいいですが)
予算の都合上、どうしてもPCIスロットが2つ必要だったのでこのマザーを選択しました。
(GIGABYTEなのは先日のPowercoreの相性問題の点と、個人的にGIGABYTEが好きだからって理由です)

GA-Z77X-UDシリーズを選びたかったんですが、PCIスロットがどれも1本なんですよね。
そうなるとオーディオI/O(RME Multiface)のライザーカードをPCIe版に買い換える必要が出てきて、
それだけで+5万、マザーの差額を考慮すると+6万近くになってしまうので、今回はあきらめました。
CPUはターボブーストを切って4.2Ghzにオーバークロックしてます。
C1EやEISTは様子を見てから外そうと思ってそのままです。
試しに外してOCCTを30分回しても70℃行かなかったので、外しても別段問題ないレベルですけどなんとなく。

SSDはM5Sを買わずに、前のA-DATAのS510を使いまわしても良かったんですが、ツクモで安かったので。
品質が前より落ちたとは言え、Marvellコン+東芝NANDチップ採用で256GBが14800円は格安かと。
(最近人気のあるCFD販売の東芝SSDも、中身はほとんどM5シリーズと同じなんですよねコレ。)
同時にセールしてたのになんでM5Pじゃないの?って言われると「体感速度そんなに変わんねーだろ」としか。
まぁ微妙に予算ケチったってのもありますけど。(ケチった分は全部メモリに回りましたが)

M5S bench

ベンチもとりあえずM5Sの公称値をほぼ達成してるので文句ないですね。
SATA3GからSATA6Gに変わったのは大きいです。体感速度がぜんぜん違いますね。マジでOS起動が一瞬。
製作中の曲のプロジェクトファイルを開く時間もほぼ半分になりました。ありがたやー。

メモリに関しては正直16GBでも良かったかな?と組み終えてから思いました。
16GBにしてその分の予算で音源やエフェクター買った方が良かったかもしれないなーなんて思ったりもしてます。
まぁ後の祭りですね。

他の表示されてないパーツは、ケースがFractal DesignのDefine R4、電源はCorsairのHX650ってとこですかね。

ケースは吸気にフロント2つ、底面1つ、排気にリア1つ14cmファンを取り付け、正圧仕様にしてあります。
このケース、重量を見てもらえば分かるかと思うんですが、全体的に肉厚です。
側板の厚みが1mm弱、これだけで十分な静音性能がありそうなのに、防音シートまで貼ってやる気満々です。
実際、CPUクーラー含めて内部に5つのファンを入れてるのに、稼動時ほぼ無音です。
(排気ファンの音が、しなくもないかな?程度に音は出てますが)
内部温度も、最初の画像のとおり十分すぎるぐらい冷却できてます。14cmファンの風量は大したもんです。
大きさも、61鍵盤MIDIキーボードスタンドの下に置いて使える、大きすぎず小さすぎずの丁度いいサイズです。
このケースの存在は、某画像掲示板の自作PCスレッドで教えてもらったものですが、今回のパーツの中で一番
「いい買い物ができた」と満足しました。
唯一欠点を挙げるとすれば、2.5インチドライブベイの位置ですかね。マザーボードを組み込むと取り外し不能。
裏配線と若干干渉する上に、電源ケーブルが差し込み辛いです。3.5インチベイ使った方がいいかもしれません。

電源は正直オーバースペックな気もしたんですが、公称最大電力の半分ぐらいが一番効率がいいのでこれに。
(プラグインでGOLD認証以上で安い選択肢が他に無かったのもありますが)

グラボは前のマシンからの流用です。まぁPCでゲームやることもないのでこれぐらいので十分かと。
必要になればまた悩めばいい部分でもあるので問題なし。

物欲に負けて作った部分もありますけど、Haswellで同構成にすると予算が+2万ぐらいになるので、
結果的にはこれで十分すぎるマシンに仕上がったかと思ってます。
物が良くてもいい曲が作れるわけじゃないってのは重々承知してるんですけどね。
まぁPC自作もかれこれ15年やってる趣味ですし。
本来はSandy Bridgeが出たときに組み替えたかったので、今まで我慢した分凝ってもいいよねってことで。

しかしDTMやってる人間のブログ(しかもサークルのHPと兼用)なのに自作PCの話ばっかりだなこのブログ。

Z77チップセットでのPowercore Elementの安定ドライバは4.0.3?

先日注文したパーツ類一式が届いてちまちまと組み立ててセットアップしています

んでまぁトラブルもそこそこあったりしてるんですが、一番難儀したのがPowercore用ドライバ。
曲を作るときに必ず使ってるのがこいつのMegaReverbとMasterX5、あとたまにVirus Powercoreなんですが、
Powercore ElementってPCIカードなんですよね(それも全長360mmのPCIフルスペックサイズ)。

P67以降のチップセットを採用しているインテルマザーボードは、基本的にPCIはサポート外なんです。
それ以降のマザーに乗っかってるPCIスロットはマザーベンダーが無理やり実装しているため、
昔のチップセットでサポートしていた頃のPCIスロットに比べて相性問題が起きやすいんですよね。

Powercoreは昔からPCIe->PCI変換ボードや外付けPCIスロットケースなんかにも対応してたので、
まぁ大丈夫かな?と思って以前の環境で使っていたVer4.3.3ドライバをインストールしたら無反応。
公式を見たら4.4.1なんてのがあったので試したけどこれもダメで、再起動するとボードを見失う始末。

途方にくれながらググって見たら、Ver4.0.3でZ68マザーで使ってる人を海外フォーラムで発見。
前の環境より古いドライバだけど大丈夫かよ…とやけくそ気味に試したらこれが正解でした。
何回再起動してもちゃんと認識してる、当たり前のことなのにすごい安心感。
まだDAW上での動作検証ができていないんですが、多分大丈夫だろうと他の作業をしてます。
(DVDドライブが経年劣化でへたっててCubaseをインストールできない状態なんですよ)

もし未だにPowercoreのPCI版(初代、Element、mk-2、unplugged)を持ってて、
認識しないしサポートも切れたから「もういいや」って押入れにしまっている人がいたら、
ここのPrevious versionからVer4.0.3を落として試してみるといいかもしれません。

ただし、Powercore PCIとElementはWin7での動作はサポート対象外なので、自己責任でやってください。
(サポート対象外だけど前のP35チップセットマザーのWin7環境では涼しい顔で動いてましたけどね)
あと、GIGABYTE製マザーのPCIスロットが相性いいらしいです(海外フォーラムより)

しかしchromeの翻訳エンジンって便利ね。ほとんど不自由なく海外フォーラム読み漁れるわ。


6月12日追記
上記ドライバで無事Powercore Elementの動作確認ができました。
Virus Powercoreも問題なく音が出ます。とりあえずは安定版ってことですかね。
海外フォーラムでVer4.4.1に対する不具合の報告もちらほら上がっている(PCIでの認識絡み)ので、
もしかしたらまたマイナーアップデートが入って、最新版でも安定動作するかもしれませんね。
まぁ、ディスコン品なので「出たらいいな」ぐらいの気持ちですけど。

やったったー

Haswell様子見とか言って3日も立たずにIvy Bridgeの在庫処分に飛びついた
我ながら物欲に対する我慢足りてなさ過ぎて泣ける

まぁベンチマーク見てるとやっぱりSATA6Gポートが増える以外ほぼメリットないし
それなら20000円近く浮く構成で組む方が利口かなと

メモリの値段見て去年末に組んでおけばよかったと痛感したんですがね
いくらなんでも1.5倍強はないわー…

次は組み上げてからの状況報告ですかね

Intelの新CPU Haswellに思うこと

この週末にIntelの新しいCPUが出たわけですが、個人的にはもう乗り換えたくてうずうずしてる状態です

今DTMを含めて使ってるシステムがC2Q Q9650にメモリ8GB、SSD128GB(A-DATAの安物)、HDD2TB*2という
いかにも古いのを延命して使ってます状態でして、正直もっと早くマザボとCPUだけでも交換したかった構成。
(GIGABYTEの変態マザーのおかげでメモリはDDR3だったりするんですけどね)

DTMをやってても、Omnisphereみたいな重量級シンセをマルチで使うと、結構きつくなってきてます。
(ASIOレイテンシを3msecまで詰めてるのが原因っちゃ原因で、緩めてやれば当然楽にはなるんですが)

でまぁ、前々から「Haswellが来たら本気だす」と思ってたんですが、なんかコレ見るとアレ?って感じでして。
前情報で微妙な処理速度伸び率とは聞いてたんですが、ベンチ見ると微妙どころじゃねぇって思ったり。
これなら在庫処分のIvy Bridgeにした方がコスパ良かったんじゃないかと若干後悔してます。

まぁCPUだけ見ればそんな感じですが、マザボのSATA6Gポートが増えるのはありがたい話です。
後はまぁ…BIOS(今はUEFIって言うんでしたっけ?)が成熟してくれればいいんですが。

DTMで長時間PCを使うので、やっぱり全体の安定性が気になるところです。
USB周りのチップセットエラッタの話もあるし、しばらくは様子見だなぁと思う週末でした。
実はもう組む気満々でPCケースだけ先にサービス特価品で狙っていたのを抑えてあるんですが、
それはまた別の機会にでも。

サークル兼個人用ブログ開設

この度、唐突にブログを開設することにしたlsndです

正直な話、過去にホームページを持っていたんですが、更新することがなくなって閉鎖しました
それが何でまたブログを開設するに至ったかですが…

・今までは自作の曲を手焼きで仲間内に配ったり、muzieにアップするだけだった
・久しぶりにM3みたいな音楽系イベントにサークル参加して聞いてもらう人の幅を広げたくなった
・サークルとして動くには拠点となる場所が必要
・10年前ならいざ知らず、最近のホームページは個人で管理運営するのに面倒が多い時代になった
・とりあえずブログにしとくか

という流れでFC2ブログでサークルの活動状況とかCDのリリース情報なんかを公開していこうかと

Facebookやツイッターなんかも考えたんですが、その辺は必要に応じて追々何かあれば考えていこうかと

そんなわけでひとつよろしく
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。