スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんづまった

1ヶ月近くあーでもないこーでもないとシーケンスや音色をこねくり回してマスタリングして
聞いてみて自分で嫌になるぐらい出来が悪い。

どーしよこれ…

1:もう少し色々やってみる
2:ばっさりデータ破棄して新しく作り始める
3:PCを窓から投げ捨てろ!

…うん、とりあえず1で最悪2だよね、うん。
さーてどーすっかなー
スポンサーサイト

最近読んだ本


マスタリングの全知識 CDから配信まで(CD付き)マスタリングの全知識 CDから配信まで(CD付き)
(2008/10/30)
葛巻 善郎

商品詳細を見る

タイトル通り、CDや配信用圧縮音源にするための技術書。曲作りとは近いようで遠い、そんな距離感の内容。
今までは割と大雑把な処理をしたり、手透きのサークルメンバーに任せていた部分ですが、
本腰を入れて勉強しようと思い手に取った一冊です。

先日、ハイエンドオーディオ鑑賞が趣味の方にLogic Trance Spaceを聞いてもらう機会があったんですが、
感想が「普通のラジカセとうちのオーディオ環境で聞くとイメージがすごく変わった」とのことで、こりゃいかんと。

1万を切るような安物のラジカセと、3桁万円かかってる環境で聞き比べをすると、変わって当然なんですが、
マスタリング本来の役目は、どんな環境で聞いてもある程度同じように、曲の意図する音質で鳴らすことなので、
あまり変わりすぎるのも問題があるよなぁ…と思って読みました。

内容としては、以前紹介した同著者の「エンジニアが教えるミックス・テクニック99」の延長線にある話で、
記載内容も被っている点が多く、後はEQやコンプの基本的な使い方をレクチャーしているといったところでした。
要はしっかりした環境で作業しましょうといった内容。

著者自身がバンド系のマスタリングを手がけている方なので、額面どおりに読むとデジタル音楽には適応できない
内容ではあるんですが、「自分のリファレンスとなる音の把握と自分の耳を鍛えること」を強調しているので、
技術的な内容よりは、むしろ作業に対する姿勢が要点だったように感じました。

まぁ、どんな世界でも言える事なんですが、先人の技を盗んで自分で解釈することが大事なんだなぁと。
機材的には今のうちの環境でも十分やれるので、後はやっぱりトライ&エラーしかないと言ったとこですかね。
ダイナミクスと音圧の天秤は永久について回る問題だと再認識するハメにもなりましたが。

コンプやEQの勘所を分かってる人なら「エンジニアが教えるミックス・テクニック99」を読むほうが
曲のトータルバランスの取り方を包括的に勉強できていいような感じもしました。
それでも得るものは割とあったと思うので、悪い買い物ではなかったかと。

RolandのAIRAを実際に見てきた

先日動画だけ見てふーんと思っていたAIRAですが、神戸のお世話になってる楽器屋に行く機会があったので、
店頭でDAWに組み込まないことを前提に色々説明してもらってきました。

結論から言うと、どうしても303/808/909の音じゃないと嫌だって人以外は、やっぱりvolcaかEMXで十分かと。
AIRAシリーズも色々と新しいギミックを投入してライブパフォーマンス向けに作ってありますけど、
差額でカオスパッドやカオシレータ追加すればお釣りが来るレベルの機能ですし。
(Scatter機能とシーケンスランダマイズぐらいしか大きな差は見られなかったので)

内部音演算の精度を上げてあるって言っても、ライブだと結局ミキサーに突っ込むことになると思うので、
多少の違いはあれどミキサー+アウトボードの質に左右される部分が大きいと思います。
電子ガジェットとデジタルライブパフォーマンス機材を比較するのも乱暴な話だとは思いますが…

ただ店員さんの話では、予想以上に売れてるって話なんですよね。(当初の見積もりが少なかったわけでなく)
なんで?って聞く前に気がつきました。神戸の箱ではサイケトランスが流行してるからアシッドベースと
808の重低音キックが欲しいDJやライブパフォーマーが多いからなんですよね。
売り上げの実態は土地柄の影響が大きいので、全国規模ではわかりませんが。

ついでにDAWに組み込むことを前提にした話もちょっとだけ聞いたんですが、TB-3だけちょっと欲しくなりました。

今のマシンをセットアップしたときに、ReWireで上手く同期ができなかったんでRebirthを入れてないんですよね。
それで代わりになるアシッドベース音源をあれこれ探しているんですが、TB-3はUSB接続すれば
Cubaseのオーディオミックスダウンでレンダリング可能(ただしサンプルレート96k固定)だとか。
音自体は以前触れたとおり悪くないと思っていたので、外部DSP音源的に扱えれば面白い選択肢かと。
(フィルタのオートメ化とタッチパネル部分の使用を考えたら外部録音した方がいいとも思いますが)

ただ96k固定って部分がネックで、サンプルレートを96kにすると今度はPowercoreの演算が追いつかないっていう
問題点があるんでどうしたもんだろうかと。(モニタリングするとASIOバッファを最大にしてもブチブチ切れる)
店員さんには「ファームアップデートで96k以下にも対応したら考えます」って笑ってごまかしてきましたが。
(ついでに値下げしてってお願いしてみましたが、AIRAはメーカーから釘を刺されてるから無理と却下されました)

TB-3をきっかけに脱Powercoreを前倒しするか、別のものを考えるか…前倒しするとなると予算不足で悩む…
ていうかCD用に曲を作るなら整数演算できる都合でサンプルレート88.2kの方が音質いいんですがね。
なんでこんなところだけ頭が固いかな…DAWからプロジェクト情報を受け取って出力精度変更できるだろうに。

リッジレーサーの新作予定ホントにない?

http://sweeprecord.biz/?pid=73072630

シリーズ20周年記念CDだそうな。ゲーム出さないの?

ナムコ側スタッフも関わってるってことはゲーム用の曲は用意してない?
それはそれで寂しいような。いや新作出ても多分やらないと思うんですがね。
(ニトロシステムは蛇足といい続けてるしつこいおっさんなので)

しかし神戸のゲーセンで先輩と一緒に初めてプレイしてから20年か…(遠い目)
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。