スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ続くよサマーセールの巻

尿管結石で3日ほどぶっ倒れたり、研修で郵便局に送り込まれたりしていますがいかがお過ごしでしょうか。

先日ソフトシンセをあれこれ購入してサマーセール用資金は打ち止めになったのに、Plugin Allianceが過去最安の
セールを海外ショップでやっていて頭を痛めています。

Plugin Allianceはいくつかのプラグインベンダーの集合体みたいなもんなのですが、ここ数年M/S処理
(音をセンターとサイドに分割して別チャンネルとして処理すること)ができるプラグインが多くて注目されている
ブランドで、DTMをやっている人はどこかで名前を聞いたことがあるんじゃないかと。

個人的にM/S処理にはあまり興味がないんですが、ベース用コンプレッサやミックスダウンEQの高品質なものが
欲しくて注目しているんですよね。(その辺の鉄板を求めるならUAD行っとけって話もあるんですが)

予想以上に面白いと思ったのが、最近リリースされたbx_refinementってプラグインですかね。
ミックスを行う上で、干渉して不協音となる帯域を自動でカットしつつ、サチュレータ効果で慣らすといった感じの
プラグインで、プロモ動画を見て思わず「ほーぉ」と声が出るぐらいでした。
本来はEQで各チャンネルの帯域を詰めないといけないのが、つまみ一つでそこそこ解消されて驚きました。
(まぁ、補助的+サチュレータとして使うのが正解で、基本はEQでの下ごしらえをした上で使うものでしょうけど)

ミックスダウン用のトータルEQですが、手持ちプラグインを考えたらWavesのリニアフェーズEQを選ぶのが筋だと
思わなくもないんですが、Wavesはバージョンアップ用のお布施を毎年しないといけないので、
あまり多くプラグインを抱えるとお布施だけで毎年結構な額が必要になるので、他を当たろうかなと。
(バージョンアップを無視するなら毎年律儀に払う必要はないんですが)

そんな時に限ってセールをしているんですよねPlugin Alliance。
これ以上サマーセールに投入できる予算は今のところないんですが、臨時収入や固定収入が増える可能性が
あるので、その辺りが上手くいけば予算の追加ができるので、もう少しだけ様子を見ようかなと思ってます。
(ベストなのはCDを買っていただくことによる生産費用の回収ではあるんですが)
本筋のアシッドベース音源とか前に言ってたFG-Xはどうなんだって意見もあったりしますが、それはそれ。

しかしこのままサマーセール追いかけてると、そのままブラックフライデーに繋がってひどい目にあいそうなので、
一旦打ち止めにして貯金するのも必要かとは思ったりもするんですけどね。
色々と悩ましい問題です。はい。

サークルHPが完成しました。若干メンテナンスして少しは見れるものになってきた…か?
http://lsnd2dat.web.fc2.com/
スポンサーサイト

なんだかんだでやっぱりVirusってすごい

まだ抽選結果出てませんけど、秋M3でリリースを目指してCD用トラックを作成してます。
そんな中で、色々と手持ちのシンセを使って音の比較みたいなのをしてみました。
(自分でも知らない間に随分買ってたんだと思いながら)

・Massive
ワブルベースやグロウルベースみたいな変態ベースがよく注目されてますが、意外と万能。
パッドやリードもしっかりこなしてくれます。音は比較的硬い感じがするけどエディット次第。
エンベロープやLFOのルーティングが面倒かつ、パッと見で設定が見れないのが残念ポイント。

・Sylenth1
音質は結構やわらかく、8ボイスユニゾンで音色を作っても不思議と厚くなりすぎず馴染んでくれる。
内部エフェクタとフィルタが独特で、リードやアシッドベースも意外といける。操作性や視認性も良好。
シンセパッドの隠し味としてOmnisphereと混ぜたりしてます。

・Omnisphere
シネマティック音源として見られることが多いですが、実はDSP音源も持っててリードやショットもいける。
シンセ音色ライブラリも充実していて、リードやアルペジオシンセもしっかり自己主張してくれる。
DSP音源の音自体は割とスタンダード。ライブラリ音色とのレイヤーやシンクでキャラを自由に変えられる。

・Discovery Pro
NordLead2とSysexの互換性を持ってる変わり者。音も割とNordLeadっぽい、細いけど芯の通った音。
さすがに実機と比べると差がありますが、ソフトシンセ版NordLeadとして妥協するなら我慢できるライン。
実機にあった4ティンバーレイヤーも可能で、最大12OSCシンセとしても使える。

・Spire
かなり硬い感じの音で、Pluck系の音を作るとカチッとした音に仕上がる。
低音もしっかり出るので、FM音源で作ったシンセベースっぽい感じのシャキッとしたベースも出せる。
4OSCで各9ボイスまで出せるので、分厚い濃厚なリードも得意。シンセパッド系は硬い感じになってしまう。

・Gladiator
倍音加算音源と減算音源のいいとこ取りをしたような、独特のシンセサイズ方式。
とにかく倍音コントロールのためのギミックが多く、他のシンセとは違う雰囲気の音色を作れる。
難点は倍音加算部分が若干複雑で、直感的操作がしづらい点か。

・RayBlaster
Gladiator以上に複雑な、今までにない音源形式のマニアックで複雑なシンセ。
時間変化パッドがとにかく得意で、他にない複雑な変化をするシンセパッドが作れる。
リードやアルペジオシンセも意外と悪くない音を出す、飛び道具的な音源。

・Ultra Analog VA-2
構造自体はシンプルかつVAシンセによくある2OSCの音源。
特筆してここが凄いといった機能は持ってないが、音が前へ出てくる存在感のある音が出る。
モノシンセのリードに使うとかっこいい。名前の通りアナログシンセっぽい音が得意。

・Synth1
説明不要の有名フリーソフトシンセの代表格。下手な有料音源よりも使える定番。
1画面で全ての情報を見渡せる視認性の良さと、ユニゾンしたときの分厚い音色が凄い。
LFOの取り回しが楽なので、効果音を自作するときにもよく使用してます。

・T-Force Alpha Plus
フリーソフトシンセの中ではSynth1と並んで強力な音源。意外と知られていないのかユーザが少ない。
ユニゾン音色が得意で、内蔵エフェクタも優秀。簡単にトランスリードが作れてしまう。
64bit対応していないのが唯一の欠点。

・TC Powercore 01
Powercoreに付属している、Roland SH-101と同じ外見のソフトシンセ。
フィルタとディストーションがとにかく強力かつ個性的で、アシッドベースはこいつ1つでいくらでも賄える。
音の自己主張も強く、下手にEQや外部エフェクタで弄らなくても十分な低音が出る。

・Virus PowerCore
Access Virus BのPowercore用ソフトシンセ版。万能を通り超えて神の領域に達している。
広大なシンセパッド、分厚いユニゾンリード、モノシンセリード、アルペジオにアシッドシンセと何でもこなす。
同時発音数の少なさが唯一にして最大の欠点。


今のところスタメンを張ってるのはこれぐらいですかね。結構多かったな…
出番が多いのはOmnisphereとVirus Powercoreですかね。この2つはホント色々できて便利。
効果音以外の音で何か欲しいと思ったらまずこの二つのどっちかを追加してます。

こうして色々と使い分けながら曲を作ってますけど、大抵のことはVirus Powercoreで出来てしまうんですよね。
同時発音数の制約と、シングルDSPでしか使えないので、全部賄うのは不可能ですが。

Win7から次のOSに乗り換えた時にPowercoreが使えなくなるのがほぼ確定しているので、
今のうちに色々と代替用音源を色々と揃えているんですが、やっぱりVirus実機が欲しい。
値段的にかなり無理しないといけないので無い物ねだりみたいなもんですが。
どこかで安く売ってないかなホント…

ていうかこんなクソ長いブログ書いてる暇あるなら曲作れよ俺。

サークルHPが完成しました。まだ未完成の部分もありますが。
http://lsnd2dat.web.fc2.com/

速攻で弾切れになったサマーセールの巻

「デベロッパーのサポートにメールすれば30%オフクーポンもらえるらしいぞ」
マジか、マジだ!(Spire購入)

「KORGがサマーセール始めたぞ」
iAppばっかじゃないk…レガコレ3割引あるじゃん!!(レガコレforM1Le購入)

秒殺すぎました。もう資金的に限界。バージョンアップで軽くなるのを見越してFG-Xとか考えてたのに。
けどSpireは大当たりでした。噂に聞いてたほども重くないし、X-Compが気持ちいい音になるし。
まだプリセットをちょこちょこ弄ってる段階ですけど、結構な可能性を持ってるシンセじゃないかと思います。
ラインナップ的にそろそろVirus PoCoを御役御免できそうになってきたなぁ。

後はアシッドベース50%OFFとかやってくれればギリギリ予算内で色々収まるんだけどなぁ…
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。