スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMにおける参考書

週末になると買い物ついでに本屋に寄ってDTMマガジンやサンレコなんかを立ち読みしているんですが、
最近どっちも内容があまり面白くなくて、どうしても買うところまで行かなくて困ってます。
(特にDTMマガジン、氏家さんのシンセレビュー以外読んでもあまり…)

で、最近はむしろアマゾンなんかで雑誌ではなく技術書みたいな本を漁って読んでいるんですが、
その中で勉強になった本をいくつか。


音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)
(2006/11/13)
永野 光浩

商品詳細を見る

まずはこれ。ミックスダウンやマスタリング時における音圧を稼ぐ方法を解説している本なんですが、
タイトルだけ見たら「なんじゃこりゃ?」ってなる本。ですが内容は割と分かりやすい。

正直、DTMやっててまともなDAW使ってるなら「これぐらい常識だろ」って内容ではあるんですが、
意外と見落としがちな基本をしっかり解説してくれているので、初心者はもちろん中級者や上級者も、
おさらいの意味で読んでおいて損のない内容だと思います。
難点はやたらとVintage Wamerをプッシュしてる点ですかね…まぁその辺は話半分で読んでいいかと。
手持ちのコンプレッサや好みのビンテージシミュコンプに置き換えて読んでくださいってとこ?
ってかVintage Wamerってそんな色んなチャンネルにバンバン挿す使い方するプラグインじゃないんでは…
あとEQも極端すぎる設定のような気がしますね。まぁ設定の探り方も書いてあるんで一応帳消しで。
(この手の本のEQやコンプのレシピをそのまま使うのは間違いの元になりがちです)


エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)
(2009/05/29)
葛巻 善郎

商品詳細を見る

次はこれ。タイトルどおり、ミックスダウンにおける色んなノウハウを解説してくれている本です。

一般的なバンド構成の各楽器ごとの調理方法から始まって、代表的なエフェクターの基礎から応用までを
手広く解説していて、中には「そんな方法もあるのか」的な小技も載っていて、読んでいて面白いです。
シンセパートの調理方法やパッドの調理方法も載っているので、デジタル音楽メインでも安心して読めます。
ミックスダウンで行き詰まりを感じている人にとって一つの突破口になるんじゃないかと思います。
(実際これを読んでからちょこちょこ出来上がったCD用の曲を修正したりしてます)

この2冊はどっちも作曲法ではなく、あくまでミックスやマスタリングの技術書なので、その辺は割り切って
読まないと、「読んだけど曲作りの役にたたねぇよバーカ!!」ってなります。
個人的に作曲法に関してはあまり興味がないのでその辺の本は漁ってません。

ただ、10年ぐらい前はこの手の内容ってDigiRecoって無料配布誌で結構解説されてたんですよね。
コンプレッサやEQの基本的な知識は無料配布誌で読んでトライ&エラーで覚えた部分も多いです。
今ってそういうのあまりないんですよね。DTMマガジンの初心者向け記事を読んでても、応用がきかない
書き方をしてて、「金とってこれはちょっと…」って思ったりしてます。
一応今でもDigiReco自体は無料で続いているようなんですけど、内容はほとんど広告に近い感じですね。
(姉妹誌だったElectricGuitarと合併して誌面が減った影響もあるんでしょうけど)
昔はそれこそDTMマガジンとサンレコの良いとこ取りをしてただけに色々と思うところもあります。

この手の情報を仕入れるのも不便な時代になったなぁと思う今日この頃。
ネットの情報も割と良し悪しですし困ったものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。