スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64bit環境構築のその後

以前にDTM環境の64bit化を考えたんですが、結局まだ行動に移せてません。

理由は割と単純で、CD作る際に32bit版と64bit版のプロジェクトファイルが混在すると面倒だから、
だったりするんですが、32bit版で安定環境が出来上がってる現状、冒険する必要があるのか?と
思ったりもして、プラグインだけ用意しておいてDAW本体は結局インストールしてません。

あと、やっぱり64bit版が出てないプラグインで、これだけは外せないって物も結構あるので、
ブリッジ経由で動かせるか試す作業が結構手間に思えて躊躇したりもしてます。
特にVariety Of Soundさんが公開されているプラグインはどれも優秀なんですが、
製作環境がSynthMakerらしく、64bit対応は半ば絶望的のようで、非常に困ってます。
コレを機会にもっとDTMに金を突っ込めってことなのかもしれませんけどさすがに今すぐは無理。

一応PowercoreプラグインがCubaseのVSTブリッジで正常動作すると聞いたので、最悪の事態には
ならないようですが、ブリッジにCPUパワー食われるのもいかがなものかな?と思う節もあります。

64bit移行はCubase8が出てからもう一度考えようかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。