スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品を聞いてもらえる環境の大事さ

職場で趣味の話になって、DTMについて話したら「一度聞かせて欲しい」と言ってもらった。
ひとまずMuzieにアップしている曲をCD2枚に焼いて作業中に聞いてもらいました。

感想はある程度予想できていましたが、「クラブ系なのにどことなくゲーム音楽の匂いがする」でした。
Sepia Villageに至っては「クロノトリガーっぽい感じでいいですね」でした。
確かに90年代RPGをイメージして作った曲ですが、SFC三大名曲ゲームの一つと思ってるクロノトリガーに近いと
言ってもらえたのは嬉しかったですね。

こうやって職場で自作曲を聞いてもらうのは、実は職場が変わるたびにやってることなんですが、
毎回感想が同じようでいて、人それぞれ気に入ってくださる曲が違うんですよね。当たり前っちゃそうですが。

Muzieにアップしている曲も、毎回500~1000回ぐらい再生していただいてもらっていて、
感想こそいただいていませんが、非常にありがたく思っています。

こういった、作品に対するレスポンスが色んな形でいただけるのは本当に恵まれていると思っています。
何よりも次へのモチベーションを上げるのにつながります。

M3への参加を決めたのも、発表する場が欲しい、もっと多くの人の感想を聞きたいというのがあります。
音楽に詳しい、特に同じように曲を作っておられる方からのアドバイスや感想はもちろんですが、
音楽をやっていない方の率直な感想というのも、曲の盲点や欠点を突いていただけることがあるので、
どういった方のどんな感想であっても、一つ一つ意味合いを考えて次に繋げられるので、非常に重要です。
(さすがにただ意味も無くジャンルだけで馬鹿にされたりコケにされるのは困りますが)

そんな感じで、近づいてきているM3が楽しみでもあり、不安でもある最近です。
実験的要素を含んだCDでもあるので、聞いてもらえるかが不安ですが、真面目に取り組んだ作品なので、
試聴だけでもいいので、スペースに足を運んでいただけると幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。