スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近聴いてる曲の傾向

M3も終わって事後処理も終わったので、3DSでモンハンをやりながら色々と音楽聴いて暮らしてます。

前まではアイマスやグラディウスシリーズ(オトメディウス含む)の曲をよく聴いていたんですが、
ここ最近はドラムンベースをよく聴いてます。それも最近のじゃなく90年代中期~後期辺りのものを。

上記年代はドラムンベース黎明期から第一次ブーム衰退期ぐらいまでの曲なんですが、実験的な曲や
メロディアスな曲やハードコアな曲やらが入り乱れていて、意外と節操のない時代だったんだなーと感じたり。

聴いてる曲はAdam FやLTJ Bukemだったりと、割とメロディアスでアンビエント要素の多い曲が多いです。
音ゲーのドラムン曲に影響を与えてるのもこの辺のアーティストだろうなーと勝手に思ったりもしてます。

難点は、この年代のCDの定番所はレンタルじゃ見つからないぐらいですかね。ほとんどアマゾンの中古です。
クラブ物としても骨董品みたいな代物だからしょうがないんですかね。CDの置き場所に困ってます。

なんでまたこの年代のドラムンを聴いてるかですが、理由は割と単純で、最近流行りのダブステップが
いまいちしっくりこないからだったりしてます。なんで流行ってるんだろホント。
過去にガバやスピードコアを作ってた大御所なんかがダブステップを作ったりしてて、
節操ねーなとか思ったり、ダブステップってそんなにハードか?と思ったりで色々です。はい。

そんなわけで、いつになるか分かりませんが、次に出すCDは多分そういう方向性で行くことになると思います。
色々とDTM環境を変えているので、Logic Trance Spaceとはまた違う音になると思います。
ブラックフライデー楽しみだね。(あまり余裕のない財布をぼんやり眺めながら)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。