スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MH4 テオ・テスカトルの攻略みたいなもの

先日MH4のイベントクエストでジャンプコラボのテオ討伐クエが配信されました。
親父殿が頭倍加装備に興味を示して連行されていってきました。結果4戦4敗。まぁそんなもんでしょう。
私自身はギルクエでLv90や100のテオを何度も相手にしてるので、慣れたもんでしたが。
てなわけで、これから春M3に向けてそろそろMH4ともしばらくお別れなので、覚書を兼ねてテオ攻略などを。

まず最初に、イベクエテオのパラメータですが、高レベルギルクエに比べたら大したことないです。
集会所高難度のテオと同等か、多少攻撃力が上がってるぐらいだと思います。(ギルクエ換算で70代ぐらい?)
なので、冷静になればイベクエ受注条件を満たしているプレイヤーなら問題ない相手のはずです。

フィールドが地底火山と溶岩島の違いはありますが、狭いエリアで戦闘しないでいい分楽にいけるかと。
地底火山と違ってダメージ床の面積が大きいので、気になる人は猫の長靴術(穀物+乳製品を揚げる)があれば
安心して走り回れます。スキルの暑さ無効を発動させるのも有効かと。

立ち回りですが、真正面からのゴリ押しはやめましょう。返り討ちに会って起き攻めでハメ殺されます。
内部でどういう処理をしてるのか知りませんが、テオのヘイト管理処理がかなりいやらしくなっているようで、
4連続突進や3連続突進+引っ掻きなどを普通にやってきます。一度ダウンしたら落ちる可能性が高いです。

じゃあどうするのか?逃げ回りましょう。隙を見せるまでテオの後ろを取るように動いて逃げます。
肝心の隙ですが、慣れない内はブレス中や遠距離or前後爆破ぐらいだと思っておいたほうが無難かと。
慣れてくれば引っ掻きや突進の終わり際などにも隙が見えてくると思います。
ブレス発動中は、集中がついている大剣なら後ろ足に溜め3を1発入れるぐらいの余裕があります。
片手剣だとX連打のコンボ1式を入れて離脱するぐらいの余裕があります。

正直これを繰り返すだけで十分倒せるんですが、時間がかかります。はい。
なので、操虫棍はもちろん、他の武器も段差を使って乗りを積極的に狙っていくのがベター。
睡眠や麻痺の状態異常ももちろん有効なので、睡眠武器を使う場合は仲間にも爆弾を用意してもらいましょう。
よほどの熟練者が集まらない限り、2回は討伐までに眠らせることができるはずです。

4人集まれば5分針での討伐も十分可能なので、2時間も付き合ってもらえば全身分の素材が手にはいるかと。

上の立ち回りは高Lvギルクエでももちろん有効なので、テオで武器や防具を発掘するときにも有効です。
要は格ゲーなんかでの牽制合戦中のミス待ちの立ち回りをMHでやってるだけです。
格ゲーだとお互いの集中力の勝負ですが、MHは所詮用意されたルーチン行動のミス待ちなのでよっぽど楽です。

「突進をジャンプ攻撃で潰してやる」とか「怯みで爆破をとめてやる」なんて行動はやめましょう。ただの馬鹿です。
上級者がたまにやっていますが、アレは乗りダウン値や怯み値を計算してやってます。簡単じゃないです。

大体こんなところかと。
モンスターの動きは結局プログラムで作ったロジックなので、いくらでも付け入る隙はあります。
まぁMHシリーズの場合、中級者殺しのロジックを仕込んでいるんで、やってられないと思うこともありますが。

…てことを親父に説明したら拗ねてしまいました。困った親父殿です。にんともかんとも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。