スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tone2製品プラグインとiLokの相性問題

年末のBestService 2for1でGladiator2とRayblasterの2つを手に入れていたので使ってみています。

どっちも従来のVAシンセと違って、色々と倍音加算のための手段が追加されていて、音を思ったとおりに
作りづらい、結構マニアックな音源です。
Gladiator2の方は割と手広く音を作れますが、Rayblastorの方は時間変化パッド以外は得意でなさそうな感じ。
どっちも面白い音源なので、これから色々と使い込んでやろうと思ってます。

で、この2つをリリースしているTone2社のVSTiですが、どうもiLokと相性が悪いようで、iLokを使うプラグインと
同時に立ち上げるとTone2側のプラグインが立ち上がらなくなる不具合を抱えています。
うちでも、Softube ClassicChannelとRayBlasterが干渉して、Rayblasterが使えなくなる症状が出ていました。

この辺りはTone2社でも確認できているようで、フォーラムを覗いたらiLok対策をしたDLLが配布されていました。
http://www.tone2.org/forum/index.php?topic=1889.0

Nemesisだけはサポートにメールしてfixファイルを受け取る形になるようです。

ほぼ全部のソフトのfixファイルがあるので、原因はTone2側のプラグインに問題があるようですが、
正直iLokもあまりいい噂を聞かないので(特にクライアントソフトでライセンス管理をするようになってから)、
お互い様な部分もあるのかなと。個人的にVCCとClassicChannelが無かったらiLokは絶対避けてましたし…

ちなみに、この件をTone2社のサポートにYahoo翻訳を使った英文で報告したら、全然違う回答が返ってきました。

「マスターチャンネルにiLokを使うプラグインを挿入するとRayblasterが動かなくなる」
という英文を書いたつもりが、
「マスターチャンネルにRayblasterを挿入できない」
という文章になっていたようで、
「Rayblasterはエフェクターじゃなくて音源だからあんた挿入するとこ間違ってるよ」
といった返事をいただきました。

英語力の無さと同時にYahoo翻訳のいい加減さに色々と投げたくなりましたとさ。
フォーラムに対策があってよかったと思った瞬間でした。
クリプトンがTone2社の代理店業務をもうちょっと力入れてくれれば国内で買ってサポート受けるんですけどね。
そんなにローカライズが大変な音源なんだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。