スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフィックカードがなんとなく欲しいの巻

最近PCパーツを眺めても、値段を見てため息を吐くことが多いこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

メモリの値段高騰もなんとかひと段落した感じではありますが、底値から3倍まで上がってしまって何ともはや。
比較的安い時期に思い切って32GB積んで正解だったのかな?けど現状使い切ることが無い…

DTMもCGも32bit環境で構築しているので、せいぜい8GB使えばいい方なんですよね現状。
DTM環境もCubase8が出るのを待ってから64bit化するか考えている段階ですし、
CG環境に至っては学生時代に買ったPhotoshop5.5を未だに使っている状態(よくWin7で動いたなこれ…)。

CMYKが使える64bit対応ソフトはないかと探して目を付けたのが、CLIP STUDIO PAINT PRO。
クリペとかクリスタって呼ばれてるやつです。

一応使い慣れているからって理由でPS5.5を使ってますけど、CDのジャケット作成に使うにはオーバースペック
すぎるんですよね。漫画描かないのでCLIP STUDIO PAINT PROで十分かと。必要最低限の機能はあるので。
値段も5000円…昔はPCで絵を描くとなるとアカデミック版PSぐらいしか選択肢がなくて大変だったのに。
随分リーズナブルになったなぁ…と学生時代に思いを馳せるおじさん。
線画補正機能もついてスキャナいらねーじゃんなどと時代遅れなことを思う。

ただ動作環境見てると、nVidiaのGPUを推奨しているんですよねコイツ。
3Dモデルも扱えるらしいからわからんでもないと思いつつ、うちのHD6670じゃきつそうだなと。

最初は思い切ってGTX760辺りに乗り換えるかと思っていたんですが、よく考えたらPS5.5が動く環境なら
別に急いでCLIP STUDIO PAINT PROを導入する必要性ってあんまりないよなと。

けどPCショップなんかを覗いているとGTX660が手頃なレベルまで落ちてきているので、迷ったりもしてます。
結局物欲+買い物欲やん。Oh Yes。

ただ、Logic Trance Spaceのジャケットを店頭で見て、明らかに周りから浮いてるよなぁと思ったのも事実。
ボカロCDじゃないけど女の子がジャケットの方がやっぱ華があるなーなどと思ったり。
まともにペンを握らなくなって7年ほど経ちますが…うぬぅ。
(これでも過去はイラスト系HPを持っていたんですよ。気がついたらDTMサークルHPに化けてましたが)

結局CG環境の64bit化もDTM環境同様、程遠い話になりそうです。あぁでもGTX660でも十分良さそう…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。