スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RolandのAIRA

http://www.roland.com/aira/

本家本元によるTB-303、TR-808、909の復刻シリーズが出ますね。
808、909の音は未だに打ち込み音楽の世界じゃ定番で、その手のサンプリングCDには絶対入ってるものですし、
303のアシッドベースは根強い人気もありますし、トランスなんかでも未だに音を聞いたりしますね。
それらビンテージ定番機材の復刻ですけど、フルデジタル音源って聞いて「あ、そうなんだ」と。

303、808、909は基本的にどれもアナログなんですよね(909ハイハットはPCMですけど)。
別にアナログ信仰もありませんし、デジタルでもいいとは思うんですけど、肝心の音はどうなのかな?
と先行レビューしてるRock oNの特設ページでとりあえずTB-3の動画を拝見。

http://www.miroc.co.jp/magazine/archives/40604

意外といい音かな?ディストーションを付けてるのもDevil Fishを意識しての設計っぽいですし、
(ディストーション無しの303って音しょぼいんですよね)
フィルターを開いたときの自己発信や閉じたときのモコモコブリブリした感じも悪くなさそう。
矩形波と鋸波のほかにバリエーション波形を用意してるので、単なるアシッドベース機では終わらなさそう。

ただインターフェースが今一つかなぁ…下段のLED光る意味あるの?
上の方は16ステップのどこに音があるかを見渡せるように付けたものだと思うのですけど、これは大正解。
実機や実機クローンだとシーケンスプログラム中にどこに音を置いたか見れないので、音を垂れ流して
聞きながらちまちまと入力していたので、その点の改善は大きいと思います。

気になるお値段ですが、TB-3が3万強、TR-8が5万強…うん?
これ、KORGのVolcaシリーズかElectribe MX買った方が良くない?音違うけどやれることは同じだし。
それこそiPad持ってりゃRebirth RB338が2000円弱で手に入るからそっちで復刻気分味わってもいいし。
Win7だとインストールが面倒ですけどフリーでRebirth使えますし。
(色々制約はありますが、Rebirthは303、808、909シミュとして割とよく出来てます)

なんとなく値段不相応というか、今更感があるというか、期待煽っておいてこれは…
せめてもう3割ぐらい安ければアリだと思うんですけどね。
まだ先行動画のないSYSTEM-1も、スペックを見るとBassStationIIの方が良さそうな気がするのがなんとも。

音自体は結構良さそうだと思う反面、やってることはKORGの周回遅れなことになってしまっているような。
大丈夫なのかRoland…マイペースにMotifシリーズとその廉価版のルーチンワークで商売してるYAMAHAよりは
冒険してると思うものの、ユーザーが欲しがってる物はそうじゃないんじゃない?って気がします。

往年の名機の復刻ってことで買う人はいると思いますけど、303、808、909どれも音を外部で弄ってやらないと
今一つなんですよね(だからサンプリングCDでいろんなバリエーションが収録されてるわけですし)。

売れるのかな…他人事ながら心配になる今日この頃。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。