スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5GHzの壁は遠いのか

定格動作で4GHz動作し、ivy bridge以降ヒートスプレッダ下の熱伝導素材がグリスだったのを改善して登場した、
Haswell Refreshの倍率ロックフリー版、Core i7-4790K(通称Devil's Canyon)ですが、
どうにもオーバークロック面での耐性が旧型の4770kと大差がないと聞いて、若干がっかりしてます。

某所の自作PCスレでも、CPUの性能向上は限界が見えてきていると言われていますし、何か新しい
ブレイクスルーとなる技術が出てこない限り、空冷や簡易水冷で5GHzを超えるのは厳しいのかもしれませんね。

そんなにマシンパワー必要か?と聞かれると、たまに必要ぐらいの歯切れの悪い答えしか出ませんが、
Cubase触っていると、たまに必要になるんですよね。トラックフリーズすりゃいいって話ではあるんですが…

DTMでのCPUパワーはこの際我慢するとしても、一応自作PCが趣味の人間としては、やっぱりPCの進化を
見て衝撃を受けたいって言うのが本音ですかね。SSDでの速度アップは衝撃的でしたが。

CPUがムーアの法則から外れてしまった感がある近年ですが、どうなっていくんでしょうかね?

サークルHPが完成しました。まだ未完成の部分もありますが。
http://lsnd2dat.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。