スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CubaseはNINTENDO64の夢を見るのか

今まではPC環境の関係上、特に意識していなかったんですが、そろそろDTM環境を64bitに移行することを
考え始めました。

旧環境は64bitOSとは言え、メモリが8GBだったので、32bit版のCubaseを使っていたんですよね。
32bitアプリは64bitOS上だと4GBまでしかメモリが確保できないんですが、旧環境だったら別にそれはそれで、
DAWに4GB、バックグラウンドで動いているOSに4GB(ReWireでReasonを使うと多少減りますが)でいいよって。

しかし先日新環境に移行して、無駄に32GBも積んだので(未だに少し後悔してる)、DAWにもっとメモリ使っても
いいんじゃないかなって思って、64bit版Cubaseを使うに当たっての問題点を洗い出してみました。

1:32bit ReWireが使えなくなる(うちの場合ReasonがVer3なのでReWireで使えなくなる)
2:Cubaseの64bit版がまだこなれて来ていると言い辛い
3:32bit版で開発終了、または開発停止しているサードパーティ製プラグインが多数ある
4:32bit版Cubaseで作ったプロジェクトファイルを64bit版で開けるかわからない

こんなとこですかね。
DTMをやっている人で32bitから64bitに乗り換えをためらう理由としても、1と3で問題を抱えている人が
多いと思います。
(特にボーカロイドを使って歌物を作ってる人にとって1は結構クリティカルな問題じゃないかと)

対処法もいろいろと考えているんですが、1に関しては、うちはReasonのVerを上げてしまえば問題なくなるし、
3もjBridgeを使えば解決可能と、一般的に言われている64bit問題は十分解決可能なんですよね。
(Reasonのアップグレード料どうしようって個人的な問題はありますが)

ただ、厄介なのが2と4なんですよね。Cubase自身の問題なので、ユーザー側ではどうしようもない。
4に関しては「環境を両方用意して試してみれば?」とは思うんですが、2はホントどうしようもない。

というのも、友人に同じくCubase使いで、以前64bit版で環境構築して使っていた奴がいるんですが、
Cubaseの付属プラグインがどうも32bit版っぽくてブリッジ経由で動いているらしく、たまに誤作動するとか。
(実際その友人は付属プラグインの誤作動でプロジェクトファイルがいくつか破壊されたそうです)

ってなわけで、近いうちに環境としては用意しようと考えているものの、実用性を考えるとどうなのかな?
まぁ不具合出たら出たでプロジェクトファイルを苦情とセットでYAMAHAに投げるだけですが。
当面の準備は、64bit版が出てるプラグインを探していつでも入れられるようにしておくぐらいですかね。

しかしCubaseもVer7で64bit問題とは別のところで大量に不具合を抱え込んだみたいなのでどうなることやら。
セールでStudio Oneのクロスグレード版が安く出るたびに乗り換えようか悩む現状。
VSTの総本山だからって左団扇で商売できると思わないで下さいよStein&YAMAHA。特にYAMAHA。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。