スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kramer Master Tapeというプラグイン

CDを完パケして、ひとまずM3に向けての準備が整ったlsndです。こんにちは。

以前ツイッターで「そのうちブログかなんかで書く」って言ってたKramer Master Tapeについてちょっと書こうかと。

mpx

画像を開いてもらえば分かると思いますが、オープンリールデッキのシミュレータプラグインです。
こいつ、割と面白い使い方ができて、今回作ったTotal Eclipseでは全曲で使ってるんですが、どうにも使い方を
誤解されて、本来の用途で使われることが少ないとネットで見てて思ったので、少し解説してみようかと。

(以下、めんどくせープラグインの話がダラダラ続くので、興味ある方だけ追記部分をどうぞ)

オープンリールをシミュレートしたプラグインは最近流行ってて、Wavesのみならず色んなデベロッパーから
出ています。UADのものがサンレコでも紹介されていたので有名ですかね。

テーププラグインを使う場合求められるのは、「テープに通した音」「テープに過入力した音」がメインで
使われることが多いです。このKramer Master Tapeも例外ではなく、どちらの音にも対応できるようになってます。
ただ、他のプラグインとは操作の意味合いが違っているので、他のプラグインを使っている人からすると、
「なんかテープっていうよりディストーションだね」って答えが出てきます。
(これは2012年1月号のサンレコのテープシミュレータコラムでも言われてます。)

ここに大きな落とし穴があって、他のプラグインと同様に使うと、この様にサチュレータではなくオーバードライブに
化けてしまう要素があるんですよ。

一般的なテープシミュだと、Recordレベルのツマミを回せばそのままテープへ送る音量の調整になるんですが、
Kramer Master Tapeの場合、テープの手前にあるチューブアンプへ送る音量の調整になります。
この辺りはWavesのPDFマニュアルにも書かれていて、チューブアンプでの音作りを含めて売りにしている
テープシミュレータになっています。

つまり、上のサムネイルを開いて左下にあるRECORDとPLAYBACKのレベルツマミは実はアンプ部分の
In/Outボリュームで、他と同じ感覚で「テープコンプ効果が欲しいからRECORD LEVELを回せばいいのかな?」
ってやってしまうと、前段にあるチューブアンプに過入力することになって、
結果「あれ?これ歪みすぎるぞ?使えないシミュだな。」って評価を下されることが多々あります。
(マニュアル読まずに触るからそうなるんだと言いたいとこですがね)

「じゃあテープコンプ効果やサチュレーションとかはどーすんの?」って声が聞こえそうですが、答えは上のとおり、
アンプ部分の出力を上げてやればいい、つまり、テープシミュのテープ部分だけを使うなら、
PLAYBACK LEVELを上げていくのが正解で、上げていくと、70年代っぽい枯れた音になりつつ、
テープコンプ効果も出て、監修したエディ・クレイマー氏が作るような独特の空気感のあるサウンドになります。

ここでまた賛否分かれる仕様になっていて、もろクレイマー氏の音になって出てくるんですよねコレ。
もう少しハイファイな音が欲しいといくら弄っても、70年代の煙たい篭ったような質感になるので、
よく言えば昔のLP盤っぽいサウンド、悪く言うと古臭いサウンドになるんですよねコレ。

もちろん役に立つ局面(今回の例ですと、ブレイクビーツをLP盤からサンプリングしたような質感にした)
も当然あるんですが、EDMなどの新しいジャンルで使うと「なんだコレ古臭い音だな」ってなりかねません。
使い道が限定されてる(エディ・クレイマー監修って点でそこは分かって使うべきなんですけどね)プラグインに
なってます。

ただまぁ、個人的に思うのは、何も考えずに「テープコンプ!テープの質感!RECORDレベル上げ!!」で、
「これディストーションとかオーバードライブの類じゃん。ゴミ。」って思い違いをして切って捨てるのは勿体無いと
思うわけで、こう長々と書いてみました。マニュアルはちゃんと読みましょう。
音作りなんかは他のテープシミュと比較しても、ヘッド磁力の調整やテープサイズ、ディレイにフラッターと、
十分色々と細工できます。(監修者の影響が強いため、上記のとおり古臭い音になりますが)

あとついでに言いたいのは…UADを持ち上げたいのはわかるけどレビュアーにマニュアルを読ませず
プラグインを触らせるなサンレコ編集部。(だから提灯雑誌だって言われてるのに)
2012年1月号のサンレコのコラムを、WavesやMedia Integrationの方々はどんな気持ちで見たのやら。
あとレビュアーも災難だなと思わなくも。(とは言えマニュアル読まずに操作するのも悪いんですが)

とまぁ、1年以上言いたくても言ってわかるやつがいない状態だったので黙ってたことを言いました。
あーすっきりした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。