スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cubaseを32bitから64bitに引っ越しました

M3秋も無事終わり、未だ興奮冷めやらぬ人もそうでない人もこんにちは。lsndです。

前々から色々と計画を立てていたのですが、DAW環境を64bit化しました。
M3が終わって丁度作成中の曲がなくなったので、やるならこのタイミングが無難かなと思い決行。
結論から言うと、事前に下準備さえしておけば割とさくっと移行できます。
ここで個人的に64bit化するに当たって疑問だった点と結果などを少し残しておこうかと。


・Cubaseって32bit版と64bit版の同居できるの?
できます。インストール先が別になり、各種設定ファイルも別々になるので、同じマシンに混在しても大丈夫です。
ただ、シーケンスファイルの関連付けは後から入れた方が優先されるので、少しめんどくさい面もあります。

・SynthEdit製やSynthMaker製やFlowStone製の32bitプラグインはどうなるの?
この辺りは若干環境依存やプラグイン依存の部分がありますが、64bit版でも問題なく使う方法はあります。
jBridgeというソフトを使って64bitにブリッジしてやれば、うちの環境にあるプラグインは全て動作しました。
Cubase内蔵のVST-Bridgeでも動くかもしれませんが、うちはいきなりjBridgeを導入しました。
(Delay Ramaが内蔵ブリッジだと動作しないのを事前に聞いていたので)

・jBridgeで作ったDLLの設置方法がよくわからないんだけど?
生成されるDLLとTXTファイルはCubaseの64bitVSTプラグイン設置フォルダへ、生成前の32bitプラグインは、
TXTファイル内に書かれているパスに設置すればOKです。
DLLを生成するので、コンバータと勘違いしがちですが、ブリッジソフトなので、元になる32bitプラグインDLLと
生成された仮想64bitDLLの両方が動作に必要となります。
TXTファイルのパスはjBridgeで64bitDLL生成時にどこにするか聞いてくるので、どこかに適当なフォルダを
作り(フォルダ名は半角英語のみを推奨)、ブリッジが必要なDLLはそこへ一括で設置しておけばいいかと。
設置時に、生成前のDLLをCubaseが読み込まない場所にしておくのが注意点ですかね。

・32bit版で作ったシーケンスファイルって64bit版で開けるの?
結論から言うと、開けます。ただ、うちの環境では1点問題が発生しました。
Plugin Allianceのelysia alpha compressorだけ読み込まれずにエラーが出ました。
恐らく原因は、こいつだけ32bitと64bitでDAWへ送るVSTのプラグインネームIDが違うんじゃないかと思います。
(完全には原因究明できてません。Elysia社の開発者に聞くしかなさそう)
基本的には32bitと同じプラグインの64bit版をCubaseに認識させておけば大丈夫だと思います。

・ファクトリープリセットが表示されなくなったプラグインがあるんだけど。
スタイン公式にある初期設定ファイルのリセットを試してみてください。
理由はわかりませんが、うちはこれで直りました。


個人的に思っていた疑問点はこれぐらいでしょうかね?この5点はネットで調べても情報がありませんでした。
(探し方が悪いと言われると反論できませんが…)
正直、Cubaseを使っている場合に限れば、jBridgeはあまり必要ないかもしれません。
スタインは過渡期の救済措置だと言ってますが、内蔵のブリッジもそんなに相性問題が酷くはないみたいです。
ただ、古いVST2SDKを使って作られたプラグインはあまり行儀が良くないみたいなので、
ケースバイケースで導入を決められるといいかと思います。ペイパル決済なので簡単に手に入りますし。
値段も今のユーロ相場なら日本円で2000円ぐらいなので、余裕があれば用意しておいてもいいかと。

そんなわけで、まだバージョン6.5.5ですが、Cubaseを64bit化できました。
これで大量に積んだメモリを無駄にしないですむ…
他のDAWで同じように行くかどうかはわかりませんが(というか多分役に立たないかと)、問題解決のとっかかりに
なるかもしれないので、よろしければ参考にしてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。