スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTM環境におけるCPUの省電力設定とオーバークロックの設定

あっという間に1月も終わり大雪で通勤通学に影響が出た人もそうでない人もこんにちは、lsndです。

タイトルの通り、DTMをする上でCPUの設定をどうすればいいのか、色々と疑問や問題があるわけですが、
今日何となく調べて色々と勉強になったことなんかをまとめておこうと思います。(今日のは長いぞ)
ツイッターで長文5連発した後だったり、PCの内容だから自作PCカテゴリーで書くべきか悩みましたが。
オーバークロックを含めた話になるので、CPUはk付き型番モデル、OC対応マザー環境が前提の話になります。

CPUの省電力機能として、Cステートの設定とEISTのON/OFFが代表的です。
これらは一体何なのか?まぁ「ググれ」って切って捨てるのは簡単ですが、ブログに書くことがなくなるので。
大雑把に言うとこの2つは以下の通りです。(Cステートの設定はUEFIだとC1E、C3/C6などの項目に当たります)

Cステート:システムがあまり動いていない時にCPU速度を下げて消費電力を下げる
EIST:Cステートとフルロードの間の周波数でシステムの負荷に応じてCPU速度を調整する

CステートはC0~C7(C7はHaswell以降のみ)まであり、段階的にCPUの機能を停止していき、
EISTはシステム全体を監視しながらCPUのケツを引っ叩く、といった感じで、
車で言うギアとアクセルペダルみたいなもんだと思ってください。(厳密にはちょっと違いますが)
(Cステートについてもっと詳しく知りたい方はググって下さい、ごめんなさい)

ここからが本題で、DAWを入れているPCの場合、この辺の設定はどうすんの?って疑問があるかと思います。
DAWメーカーによっては「CPUの省電力?DAWにそんなもん必要ないから切れ」って言ってるところもありますが、
みんながみんなDAW専用PCを持っているわけでなく、シャットダウンするまでもない時間ちょっと離席したいとか、
普段はネット閲覧やSNSをやって、趣味的にDAWを使うって人も当然います(俺もそうです)。

普段使いだと、正直言って今のCPUは早すぎるぐらいで、常にクロック全開でフル回転させる必要はありません。
(今このブログを書いてる現在、CPUは1.6Ghzまでクロックを落としてます(C1Eステートに入ってる))
地球温暖化が叫ばれてる今、常に全開のPCは環境の敵だとどこかから怒られるかもしれません。
(実際問題だと、電源容量とか電気代とかCPUの損耗なんかが気になる部分です。)

そこで、UEFIの「CPUの高度な設定」(環境によってまちまちかもしれませんが)で、C1Eステートを有効にします。
そうすることで、ブラウジング程度の軽い作業中は、CPUのクロックが本来のクロックから下がります。
早い話が、C1Eステート有効だと、アイドル状態とフルロード状態の2種類のCPU速度で動作するようになります。
イメージ的には車のアイドリング状態とフルスロットル状態の2択みたいな感じですかね。
(C3/C6ステートの詳細や、C7ステートについては調べてません。ごめんなさい。)

次にEISTの設定ですが、これを有効にすると、アイドル状態のCPUパワーだとちょっとしんどいって時に、
アイドル状態~フルロードの間のクロックで動いて、丁度いい感じのCPUパワーに調整してくれます。
車で言うと、坂道に入ったからちょっとアクセル踏み込むか、みたいな感じですかね。
これだけ聞くと、EISTは非常に便利な機能(実際普段使い+αの作業だと便利です)に聞こえますが、
DAWだとこの可変クロックが余計なお世話になってしまいます。なのでOFFにします。

DAWだと可変クロックが余計なお世話な理由ですが、実際に高負荷が掛かってからCPUクロックが動くまでに
若干タイムラグがあるため、曲のブレイク後の一斉に音を鳴らすタイミングで、クロックアップが追いつかず、
ASIOドライバに負荷が掛かって、バッファタイム設定によっては音飛びやノイズが発生します。
システム監視からCPUクロックアップ完了までの時間が意外と遅いようです。
以上がEISTをOFFにする理由の一つです。

最後にCPUのオーバークロック設定の話になります。
最近のIntelのCore i型番のCPUはTB(ターボブースト)という、処理に応じて一時的にCPUを定格以上に
クロックアップしてくれる機能を持っていますが、DAWだと常にCPUに余裕をもって作業をしたいので、
こんなものは即無効に設定します。代わりに、CPUの定格クロック倍率をTB時の倍率以上にします。
いわゆるk付き型番CPUのOC設定ですね。(この辺はさらっと流すので、詳しくはググって下さい)

長々と説明が続きましたが、DAWと普段使いの兼用PCの場合、以下の設定ぐらいが丁度いいんじゃないかと。

C1E:有効
C3/C6:(有効無効どっちでもいいんじゃないかと。調べて好みの設定で)
EIST:無効
TB:無効
クロック倍率:安定動作する範囲でできるだけ高めの数値

この設定だと、普段使いのネット+αはアイドル状態で省電力動作、DAW使用時はOC設定した速度で
ほぼずっと全開状態で動きます。DAWの動作もデフォルトの状態より快適になると思います。

以上、長くなりましたが、改めて省電力機能を調べなおした上で兼用PCでDTMをする上での
CPUの省電力及びオーバークロックの設定を自分なりに詰めてみた結論です。
似たような環境の方のCPU設定の参考になれば幸いです。

HTの設定?知らん!(Cubase7以降だとASIOガードとか言う機能でHTに対応してるそうですが詳細は不明)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。